JA尾鈴は、消費者と生産者をつなぐ「架け橋」を目指し、活動しています。

news

春南瓜部会第1回現地検討会 ~2021.3.15~

2021年03月17日

 春南瓜(はるなんきん)部会は3月15日、令和3年度第1回の現地検討会を都農・川南両支部の7か所の圃場で開き、合わせて19人が参加しました。1月中旬から苗の定植が始まっており、この日は定植後、交配から果実肥大期の管理について確認します。

 各圃場を巡回し指導するJA宮崎経済連・黒木潤一技術主管は「今年は雨は適度にあるが、気温が高く茎葉が徒長しやすい。樹に十分に力がついてから着果させること。また開花後25日間に玉が最も伸びるので、樹をつくりながら玉を太らせていくバランスが大切。適正な肥培管理を」と、部会員らに注意を促しました。

 新名朝寛部会長(70)は「今年度も品質のよい『鈴マロン』を出荷できるよう、開花から着果へ向けて、それぞれがしっかり管理していこう」と呼びかけました。

 JA尾鈴の「鈴マロン」は宮崎県のブランド認証を受けている洋種カボチャ。ほくほくして栗のように甘いのが特徴です。部会は今年度、47人が約23㌶で栽培。一番果は5月中旬ごろ収穫が始まります。

尾鈴農業協同組合

〒889-1301
宮崎県児湯郡川南町大字川南13658-1
TEL:0983-27-1121
FAX:0983-27-4503

 

携帯・スマホはコチラ