JA尾鈴は、消費者と生産者をつなぐ「架け橋」を目指し、活動しています。

news

主要取引先と初のWEB販促会議 ~大玉トマト部会~ 2021.2.25

2021年03月05日

 JA尾鈴大玉トマト部会は2月25日、本所第5会議室で販売促進WEB会議を開きました。

 例年、出荷が本格化する前の11月に部会役員らが東京・広島・福岡へと出向いて、主要取引先市場と販売会議を行うのですが、コロナに配慮し今回初めてリモートで行いました。

 参加者は部会から鶴輪尚幸部会長、山本浩一・黒木常幸の両副部会長。JAからは宮崎経済連販売流通課と尾鈴の担当者とで、計9人。市場担当者は東京・広島・福岡から主要取引先3社が参加しました。

 まず市場情勢について。緊急事態宣言により、どの市場も業務関係の需要が低迷していると話します。暖かくなる3月以降の需要回復に期待しており、着色等、選果の徹底を、との要望が出ました。

 令和2年産大玉トマトについて営農指導課・牧平安弘職員は「定植以降の天候に恵まれ、病害虫被害も少なく生育順調。年内から1月までの出荷量は反収ベースで前年を上回っている」と報告。

 坂田将一販売課長は、年明けからの販売単価下げを受け、3、4月からの出荷増量期の対策を提案し協議を求めました。出荷後半へ向けての単価の回復・底支えについて、また望ましい荷姿等も意見が交わされました。

 部会では2年度、24人が6・5㌶に作付け。6月上旬までに出荷量約1000㌧を見込んでいます。

尾鈴農業協同組合

〒889-1301
宮崎県児湯郡川南町大字川南13658-1
TEL:0983-27-1121
FAX:0983-27-4503

 

携帯・スマホはコチラ