JA尾鈴は、消費者と生産者をつなぐ「架け橋」を目指し、活動しています。

news

スイートピー定植始まる ~花き部会スイートピー専門部~ 2020.9.16

2020年09月17日

 スイートピーの生産量全国トップを誇る宮崎県。県内の主要産地であるJA尾鈴管内で、花き部会スイートピー専門部は9月上旬から2020年度産の定植を始めました。

 都農町松原地区で17㌃を栽培する門田守生部会長(53)のハウスでは、1516日の2日間でロイヤルチェリー、ロイヤルホワイト、グレースなど全8品種を定植しました。種から細い芽が5㎝ほど伸びた苗を、12㌢間隔で植えていきます。ひとつひとつ手作業で、なんと約1万9千本。

 スイートピーの種は固いため、水に一晩つけて殻が柔らかくなったら、2日かけて芽出しをします。その後、0~3℃の冷蔵庫で4~5週間、種の冷蔵処理を行います。種に低温をあてることで、花芽育成の促進を図るそうです。

 2019年度産は新型コロナによって花全般の需要が落ち込んだため出荷量が減少、同専門部の売上額は前年比9割弱にとどまりました。

 門田部会長は「昨年は暖冬で苦労した。今年の冬は冬らしくなって、まずは順調に育ってほしい。そしてコロナが早く収束し、来春の卒業・送別シーズンにはぜひスイートピーで門出を祝ってもらえるよう、私たちは美しく日持ちのよい花を作っていく」と話しています。

 専門部16人は20年度、約2・7㌶で作付け。収穫は11月中旬からの予定で、出荷量約560万本を見込んでいます。


写真=定植をする門田部会長

尾鈴農業協同組合

〒889-1301
宮崎県児湯郡川南町大字川南13658-1
TEL:0983-27-1121
FAX:0983-27-4503

 

携帯・スマホはコチラ