JA尾鈴は、消費者と生産者をつなぐ「架け橋」を目指し、活動しています。

news

キャンベル初出荷&目ぞろえ会 2020.7.24

2020年07月28日

 ぶどう部会キャンベル専門部は、キャンベルが初出荷された7月24日、川南町のJA総合選果場で目ぞろえ会を開きました。

 参加者は専門部員、都農ワイン関係者、JA担当職員ら34人。サンプルとなる房を全員で実際に見て比較しながら、着色や房締りといった品質基準や出荷要領などを再確認しました。

 キャンベルは中粒の黒ブドウ。こくのある甘さと香りが特徴です。令和2年度は3、4月の寒さで開花が少し遅れたものの、まずまず順調に生育。例年どおり7月下旬に初出荷となりました。

 80㌃栽培する都農町新今別府の黒木崇広専門部長(37)はこの日、生食用195㎏を出荷。「この梅雨の豪雨で着色や実太りを心配したが、影響はなく、糖酸バランスよくいいものができた」と話します。

 株式会社都農ワインでは、このキャンベル90100㌧でロゼワインを毎年仕込んでいます。小畑暁代表取締役は「コロナで厳しい状況が続くが、私たちはいいワインをつくるため精一杯努力する。ご協力よろしくお願いします」とあいさつしました。

 2年度、同専門部では31人が17㌶で栽培。収穫は8月中下旬までで、生食用42㌧、ワイン加工用156㌧の出荷量を見込んでいます。



写真=基準を確認する黒木崇広専門部長(左端)

写真=初出荷されたキャンベル

写真=望ましい着色具合を説明する

    都農ワイン・小畑暁代表取締役(左端)

尾鈴農業協同組合

〒889-1301
宮崎県児湯郡川南町大字川南13658-1
TEL:0983-27-1121
FAX:0983-27-4503

 

携帯・スマホはコチラ