JA尾鈴は、消費者と生産者をつなぐ「架け橋」を目指し、活動しています。

news

いちご部会総会 2020.7.7 ~いっそうのブランド強化を~

2020年07月09日

 いちご部会は7月7日、令和元年度総会・生産販売反省検討会を開きました。部会員や市場関係者、行政、JA担当者ら約60人が出席しています。

 2年度目標に10㌃あたり収量4㌧、同売上金額480万円を掲げ、栽培技術の向上と平準化により「尾鈴ブランド」をいっそう強化していきます。

 生産基本方針として、品種は引き続き「さがほのか」「ゆめのか」と試験品種「恋みのり」の3種。生産安定の3本柱である土づくり、苗づくり、適期定植を徹底し、宮崎県版GAPにも取り組みます。

 販売では、市場との情報交換を密に、情勢を把握。また契約販売の拡大により単価の引き上げを図ります。

 19年度実績は「さがほのか」が数量299t(前年比94%)、金額3億5305万円(同93%)、「ゆめのか」は数量44t(前年比108%)、金額5276万円(同112%)でした。

 姫野康彦部会長は「19年度は、記録的な暖冬の影響でシーズンを通して小玉傾向。収量が少なかったが、皆の努力があり前年比94%に踏みとどまった。コロナ禍、豪雨と先行き不透明ではあるが、部会員で知恵を出し合い、次年度へと取り組んでいこう」と呼びかけました。

 総会では役員改選も行われましたが、姫野部会長と副部会長2人の3役は、いずれも留任。

 また、成績優秀者の表彰がありました。表彰者は次のとおりです(敬称略)。


 ◇団体の部=八幡支部

 ◇個人の部

  ▽トータル=永友正富、河野哲也、河野秋男

  ▽単収=河野弘一、山下征子、竹下政一郎

 ◇躍進の部・経済連特別賞

  ▽団体の部=込の口支部

  ▽トータル躍進=河野秋男

  ▽単収躍進=中竹伸樹


写真=姫野康彦部会長

写真=表彰される個人の部トータル・永友正富さん

尾鈴農業協同組合

〒889-1301
宮崎県児湯郡川南町大字川南13658-1
TEL:0983-27-1121
FAX:0983-27-4503

 

携帯・スマホはコチラ