JA尾鈴は、消費者と生産者をつなぐ「架け橋」を目指し、活動しています。

news

朝採りスイートコーン、出荷ピーク ~スイートコーン部会~

2020年05月21日

 5月21日、スイートコーンの収穫がピークを迎えています。総合選果場には連日6000ケース(1ケース4・5キロ、13本程度)が出荷され、関東、関西を中心に全国へ送られます。6月末まで出荷は続き、今年度は450㌧の出荷を見込んでいます。

 川南町で3.8㌶を栽培するスイートコーン部会・長友隆幸部会長は「例年より4、5日遅く収穫が始まったが、じっくり育った分、糖度も乗って品質は上々。収量も増えそうだ。ただ、コロナの影響で価格が気がかり」と話します。

 今年度、部会では60人が42㌶に作付けをし、4月15日から出荷を始めました。品種は主に「ゴールドラッシュ」で、糖度は15度前後に仕上がっています。

 スイートコーンは太陽が昇って温度が高くなると、実に蓄えた糖分が失われ糖度が下がってしまいます。そのため部会員らは「朝採り」にこだわり、まだ真っ暗な早朝3時、4時からヘッドライトをつけて収穫。すぐに選果場へと出荷し真空予冷を行うので、鮮度・甘さとも抜群です。



写真=朝4時、暗闇の中でヘッドライトをつけて行う収穫作業

尾鈴農業協同組合

〒889-1301
宮崎県児湯郡川南町大字川南13658-1
TEL:0983-27-1121
FAX:0983-27-4503

 

携帯・スマホはコチラ