JA尾鈴は、消費者と生産者をつなぐ「架け橋」を目指し、活動しています。

news

平成30年度 葉菜研究会総会

2019年11月01日

葉菜研究会は1024日、本所大会議室で平成30年度総会を開きました。30年度事業報告・収支決算と、令和元年度事業計画・収支予算について協議し、承認。部会員、関係者ら24人が出席しました。

 30年度のキャベツは9月末の台風24号直撃により多大な被害を受け、青果キャベツは契約販売の取り組み中止、加工キャベツも大幅な数量修正を迫られました。けれど10月、11月の好天候と暖冬で反収は増え、予想以上の収量増となっています。

 白菜は台風後、作付の間に合う時期であり、キャベツの面積減により作付は増加。作柄がよかったため秋冬白菜の在庫が残り、春作の契約取引量は減となりました。

 久家康一会長は「30年度も台風にやられた。毎年繰り返しているが、そろそろ結果を出そう。会員の人数が減りつつある中、もう一度ここで踏ん張って、新たなスタートを切ろう」と呼びかけました。

尾鈴農業協同組合

〒889-1301
宮崎県児湯郡川南町大字川南13658-1
TEL:0983-27-1121
FAX:0983-27-4503

 

携帯・スマホはコチラ