JA尾鈴は、消費者と生産者をつなぐ「架け橋」を目指し、活動しています。

news

毎年恒例餅つき

2017年02月13日

エーコープ川南店では12月14日、同店前で「餅つき」を行いました。高齢者の集い「いきいき塾」の塾員やJA尾鈴職員など約40人が参加しました。

日頃の感謝の気持ちを何か形にして利用者に喜んでもらいたいと毎年計画しています。

用意されたもち米30kgを、餅つきの機械と昔ながらの杵と石臼でつきました。JA職員が、杵と石臼を使った餅つきを実演し、餅をつく威勢のいい「パンッ、パンッ」という音が施設内に響きました。次々とテンポよくついていき、たくさんの餅が出来上がりました。ついた餅を丸めるのは、いきいき塾の塾員ら。この日を待ちわびた様子で、みんなで楽しげに餅を丸め、あんこ入りの餅も作りました。出来上がった餅は、当日、JAや来店者に配られました。