JA尾鈴は、消費者と生産者をつなぐ「架け橋」を目指し、活動しています。

news

養豚経営見つめ直す

2016年06月29日

JA尾鈴養豚部会は部会全体の生産性向上とTPPに向け今後どのように経営を見つめ直し改善するか様々な意見を聞こうと523日、30日の2回、本所にて養豚部会グループ別座談会を行いました

座談会ではJA宮崎経済連木下崇司さんによる「アメリカ養豚視察研修」と㈲協同ファームによる「デンマーク海外視察研修」の報告が行われました。海外は豚肉に対する嗜好の違いにより赤肉が求められ、販売単価も10080円程度で非常に安く、ブロック肉での販売が多い。肉食文化であり豚肉は年間131㌔食べられ、これは日本人の約2.8倍にあたります。集約された生産基盤があり、高い生産性のもと、安価に豚肉づくりができます。海外の先進的な取り組みが報告され、部会員からは活発な意見交換があり、有意義な座談会となりました。また、ベンチマーキングの説明も行われ、個人管理記録を行い他と比較し切磋琢磨することで経営向上に努めることを確認しました。

尾鈴農業協同組合

〒889-1301
宮崎県児湯郡川南町大字川南13658-1
TEL:0983-27-1121
FAX:0983-27-4503

 

携帯・スマホはコチラ