JA尾鈴は、消費者と生産者をつなぐ「架け橋」を目指し、活動しています。

news

完熟カボチャ「鈴マロン」出荷スタート&出荷目揃え会 ~春南瓜部会~ 2021.5.17

2021年05月18日

 JA尾鈴管内で5月17日、ブランドカボチャ「鈴マロン」の出荷が始まりました。

 都農町丸溝地区で30㌃栽培する春南瓜(はるなんきん)部会・新名朝寛部会長(70)は、この日93箱(1箱11・2㌔以上)を出荷しました。

 令和3年産は、年明けに氷点下まで冷える日があり、苗の生育に遅れが出たそうです。しかし、その後は好天に恵まれ順調に生育、例年どおりの初出荷にこぎつけました。「玉はやや小ぶりだが、品質は上々。甘く、ほっくり仕上がった。交配から60日以上の完熟だけを厳選している」と新名部会長は自信を見せます。

 「鈴マロン」は完熟にこだわった春カボチャとして商標を取得しています。そのため交配から5060日以上経過し、畑で切り割り検査を行って熟度を確認した後に収穫するのです。7月末まで収穫は続き、9割が関東方面へと出荷されます。

 同部会では今年度、部会員50人が約21haで栽培。販売量352㌧(前年比102・2%)、販売金額1億2000万円を見込んでいます。

 

  ◇    ◇    ◇

 

 また初出荷した同日、総合選果場で目揃え会が開かれました。参加者は部会員、JA担当職員ら38人です。

 部会員らは、新名部会長がこの日出荷した「鈴マロン」を実際に見ながら、形状や色沢、キズの有無などを確認。質問や意見を互いに出し合いながら、完熟カボチャ「鈴マロン」のブランド標準規格や箱詰め要領などを、改めて確認していました。



写真=箱詰めに精を出す新名部会長

写真=ブランドの品質規格を確認し合う部会員ら

尾鈴農業協同組合

〒889-1301
宮崎県児湯郡川南町大字川南13658-1
TEL:0983-27-1121
FAX:0983-27-4503

 

携帯・スマホはコチラ