JA尾鈴は、消費者と生産者をつなぐ「架け橋」を目指し、活動しています。

news

「たまたま」出荷目揃え会 ~温室きんかん研究会~ 2021.1.8

2021年01月12日

 生で皮ごと食べられる、みやざきブランド完熟きんかん「たまたま」が、今年は1月14日に全国の取引市場で販売解禁になります。解禁を控えた8日、温室きんかん研究会は中央事業所で出荷目揃え会を開きました。

 部会員はじめ担当職員ら9人はマスク着用。河野喜美会長は「コロナ禍の中、今季の出荷が始まる。販売面での影響が心配だが、今日ここでブランド基準をしっかり再確認し、去年以上にいいものを出していこう」と呼びかけました。

 会員が持参したキンカンの形状や外観を見比べ、実際に糖度を測り「たまたまエクセレント」「たまたま」の出荷基準・規格を皆で確認。糖度・着色・大きさなどすべてにおいて上質のキンカンだけが「たまたま」として出荷されます。おいしさに加え、2019年1月からは栄養機能食品(ビタミンC・E)表示も始まりました。

 同研究会では生産者6人が1haで栽培。2020年度産は出荷量23tを見込んでいます。

 

写真=ブランド基準を再確認する河野会長(右)ら

尾鈴農業協同組合

〒889-1301
宮崎県児湯郡川南町大字川南13658-1
TEL:0983-27-1121
FAX:0983-27-4503

 

携帯・スマホはコチラ