JA尾鈴は、消費者と生産者をつなぐ「架け橋」を目指し、活動しています。

news

さららピーマン、みやぎ生協ブランド「めぐみ野」で取扱い始まる~ピーマン部会~

2020年10月16日

 1014日、JA尾鈴ピーマン部会・吉玉一敬部会長(38)の70㌃の圃場(川南町把言田)に、遠く仙台市からコープ東北サンネット事業連合の商務と㈱守屋青果物商店の担当課長の計3人が視察に訪れました。感染拡大防止に配慮して、今年は羽田ではなく中部国際空港経由での来宮です。

 ハウスでは、定植から約1か月経った特別栽培の「さららピーマン」が60㎝ほどに育っています。

 10年以上の取扱実績があるコープ東北は減農薬・減化学肥料の特別栽培農産物に力を入れており、今回、みやぎ生協の産消直結ブランド「めぐみ野」に「さららピーマン」が加わることになりました。

 コープ東北の後藤正幸商務によると「めぐみ野ブランドで宮城県外の野菜を扱うのは、長崎の新玉ねぎ・新じゃがいもに次いで、2例目。栄養機能食品(ビタミンC)表示がつくのは初めて」です。

 部会でもこれまで年に2回は部会員が仙台へ出向き、店頭でPR活動や組合員への学習会を行うなど着実に交流を深めてきました。

 吉玉部会長は「視察は、販売先と顔を合わせ、お客様の要望などを直接聞くことができる重要な機会。長年の交流と信頼関係が今回のブランド化にもつながった」と話しています。

 昨年度まで、みやぎ生協全50店舗のうち約7割での扱いでしたが、2020年度産からはコープふくしまも含め全62店舗へと広がります。ピーマン部会は今年度、コープ東北へ100㌧以上の出荷を予定しています。11月上旬には「めぐみ野・特別栽培さららピーマン」として宮城および福島県内の店頭に並ぶ予定です。

 

 

写真=吉玉部会長(左端)の圃場を視察する担当者(右3人)

尾鈴農業協同組合

〒889-1301
宮崎県児湯郡川南町大字川南13658-1
TEL:0983-27-1121
FAX:0983-27-4503

 

携帯・スマホはコチラ