JA尾鈴は、消費者と生産者をつなぐ「架け橋」を目指し、活動しています。

news

令和2年産「コシヒカリ」初検査 2020.7.31

2020年08月03日

 JA尾鈴は7月31日、JA中央事業所ライスセンターで2020年産「コシヒカリ」の初検査式を開き、26人が出席しました。この日は約59㌧が検査されました。


 稲刈りが始まったのは7月23日。今年は梅雨明けが大幅に遅れたため、例年に比べ5日ほど遅い検査となりました。検査員たちは、フレコンバッグで持ち込まれた米を専用の分析器を使って水分率などを計測。等級を判定しました。


 JA尾鈴・本多久巳典組合長は「しっかり検査をしていただき、尾鈴の米のさらなる品質向上を図ろう」と激励。


 検査にあたった宮崎県JA農産物検査協議会・山本邦紘事務局次長(75)は「長い梅雨が明けた後、急に気温が上昇したが、大きな影響はないようだ。ただ、カメムシの被害が少し出ている。尾鈴の米として品質を揃えるために、しっかり検査して出荷することが大切だ」と話していました。









尾鈴農業協同組合

〒889-1301
宮崎県児湯郡川南町大字川南13658-1
TEL:0983-27-1121
FAX:0983-27-4503

 

携帯・スマホはコチラ