JA尾鈴は、消費者と生産者をつなぐ「架け橋」を目指し、活動しています。

news

新規就農研修事業閉講式・開講式

2020年07月16日

 営農支援課は7月10日、「新規就農研修事業閉講式・開講式」を本所で開きました。

 令和元年度閉講式では、横浜市出身の箕嶋望さん(54)が本多久巳典組合長から修了証書を授与されました。

 箕嶋さんは元年7月から1年間、川南町トレーニングハウスで特別栽培「さららピーマン」の栽培技術・管理を学びました。修了後はJA尾鈴の子会社㈱アグリトピアおすずに10㌃のハウスを借り、ピーマン農家として自立を目指します。

 「充実した内容の研修で、また多大なる支援を受け、大変感謝している。1年間で学んだことをもとに、立派なピーマンを育てられる農家になろうと思う」と決意を述べました。

 続いて行われた2年度開講式には、新研修生の上田眞也さん(35)が出席。県立農業大学校「みやざき農業実践塾」を経て、これから1年間、都農町立野地区の黒木健二さん(49)のもとでミニトマトの施設栽培を学びます。黒木さんには、本多組合長から研修生の技術指導に関する委嘱状が手渡されました。福岡県出身の上田さんは航空自衛隊で15年間、戦闘機の整備をしていましたが、自分の手で食べるものを作ることに興味を抱き、農業を志しました。「精神力と体力には自信がある。困難に直面しても、立ち向かっていきたい」と力強く語っていました。


写真=修了証書を手にした箕嶋望さん

写真=決意を述べる上田眞也さん

写真=委嘱状を授与される黒木健二さん


尾鈴農業協同組合

〒889-1301
宮崎県児湯郡川南町大字川南13658-1
TEL:0983-27-1121
FAX:0983-27-4503

 

携帯・スマホはコチラ