JA尾鈴は、消費者と生産者をつなぐ「架け橋」を目指し、活動しています。

news

山本小 田植え ~青年部「お米学習教室」~

2020年06月18日

 川南町立山本小学校では6月17日、3~6年生47人が田植えをしました。

 JA尾鈴青年部が管内7校の小学生を対象に開く「お米学習教室」の授業で、農業の大切さを子どもたちに知ってもらうため毎年行っています。

 青年部山本校区長・今井敏隆さんは「普段食べているお米は、スーパーで簡単に手に入るものではなく、その間に育てる苦労があることを知ってほしい」と話します。

 植えるのは、児童たちが育てたもち米の苗です。青年部員から植え方を教わると、はだしで水田へ入り、横一列に並んで手植えを始めました。泥で汚れるからと最初は水に入るのを嫌がっていた児童も、どんどん積極的になっていきます。

 「泥がついたけど楽しかった。目印に植えるのが難しかった。おいしいお米をつくりたい」と、5年生の武内麗那さん。

 小野雅照校長は「食物をつくる大変さと喜びを体感し理解する、こういう機会を毎年いただいて大変ありがたい。コロナ禍で休校が続いていたぶん、子どもたちもいつも以上に楽しそうだった」と話していました。

尾鈴農業協同組合

〒889-1301
宮崎県児湯郡川南町大字川南13658-1
TEL:0983-27-1121
FAX:0983-27-4503

 

携帯・スマホはコチラ