JA尾鈴は、消費者と生産者をつなぐ「架け橋」を目指し、活動しています。

news

ビタミンゴーヤー出荷目ぞろえ会 ~ゴーヤー研究会~

2020年05月19日

 ゴーヤー研究会は5月18日、川南町の総合選果場でゴーヤーの出荷目ぞろえ会を開きました。会員、JA担当職員ら合わせて11人が参加しました。

 会員らは出荷されたゴーヤーを見ながら、形状や色つや、鮮度などを確認。県認定ブランド「みやざきビタミンゴーヤー」の標準規格を再確認しました。また、箱詰めの要領についても説明がありました。

 野菜のビタミンCは日射量が多いと増える傾向にあります。宮崎県は全国トップクラスの日射量を誇り、この「ビタミンゴーヤー」には全国標準値(日本食品標準成分表2010値)の約1.4倍のビタミンCが含まれています。

 鶴輪耕治会長(54)は「今年も出荷が始まった。肥培、灌水、摘芯・摘葉と、それぞれしっかり管理して、収量を上げていこう」と呼びかけました。

 今年度、研究会では6人が約1㌶で栽培。出荷は5月上旬に始まっており、8月いっぱい続きます。

尾鈴農業協同組合

〒889-1301
宮崎県児湯郡川南町大字川南13658-1
TEL:0983-27-1121
FAX:0983-27-4503

 

携帯・スマホはコチラ