JA尾鈴は、消費者と生産者をつなぐ「架け橋」を目指し、活動しています。

news

ハウスみかん、収穫スタート! ~温室みかん研究会~

2020年05月19日

 JA尾鈴温室みかん研究会・渡辺芳朗会長(51)の園地(川南町旭ヶ丘地区)で5月16日、着色ハウスみかんの収穫が始まりました。品種は「日南1号」で、7月には「興津早生」が加わり、9月中旬まで出荷は続きます。

 「今年は春先の天気に恵まれて、水管理もしっかりできた。玉ぞろえよく、糖度12超と甘く仕上がり、出来がすごくいい。収量も増えそうだ」と渡辺会長は自信を見せます。

 温州みかんの平均的な糖度は11度。糖度が同じでも日南1号はスッキリしたおいしさ、興津はコクのある甘さが特徴だそうです。

2020年度は会員5人が1.1haで栽培、出荷量約53tを見込んでいます。宮崎県内で着色ハウスみかんを栽培する農家は現在6戸。産地化されているのは、JA尾鈴管内だけです。

尾鈴農業協同組合

〒889-1301
宮崎県児湯郡川南町大字川南13658-1
TEL:0983-27-1121
FAX:0983-27-4503

 

携帯・スマホはコチラ