JA尾鈴は、消費者と生産者をつなぐ「架け橋」を目指し、活動しています。

news

「鈴マロン」 出荷目ぞろえ会 ~春南瓜部会~

2020年05月15日

 春南瓜(はるなんきん)部会は5月14日、総合選果場でブランドかぼちゃ「鈴マロン」の出荷目ぞろえ会を開きました。部会員、JA担当職員ら合わせて約40人が参加しました。

 部会員らは、サンプルのカボチャを見ながら、形状や色、傷、そして熟度などを確認。質問や意見を出し合い、ブランドの標準規格を細かく再確認していきました。また、箱詰めの要領についても説明がありました。

 「鈴マロン」は交配からの日数をもとに、収穫前に圃場で切り割り検査を実施。「完熟」にこだわった春カボチャとして出荷します。商標も取得していて、出荷先は約9割が関東です。

 新名朝寛部会長(59)は「4月中旬の遅霜の影響を心配したが、玉太りは良好に仕上がった。自信を持って出荷できる」と話しています。

 今年度、部会では47人が約21㌶で栽培。収穫は5月中旬から7月までで、販売量360㌧を見込んでいます。

尾鈴農業協同組合

〒889-1301
宮崎県児湯郡川南町大字川南13658-1
TEL:0983-27-1121
FAX:0983-27-4503

 

携帯・スマホはコチラ