JA尾鈴は、消費者と生産者をつなぐ「架け橋」を目指し、活動しています。

news

尾鈴の「旬」を直送 ~東京都世田谷区「レ・シュヴルイユ」~

2020年03月27日

 東京都世田谷区尾山台の「レ・シュヴルイユ」は、普段着で本格フレンチが楽しめる地元の人気ビストロです。店には毎月1回、JA尾鈴の直売所「産直おすず村」から新鮮な野菜と果物が届きます。この2月末には菊芋、完熟きんかん、日向夏など。

 「菊芋はスープのほか、ピューレやバター煮を付け合せに。ムースにしてトリュフを散らします」と、オーナーシェフの大谷岳史さん。完熟きんかんはサラダに、また焼き込んでタルトになりました。

 春夏にはスイートコーンがムース、枝豆はキッシュに、などと尾鈴の「旬」が毎月、おしゃれなメニューに仕立てられます。

「フルーツのタルトやサラダは常連さんに好評で、すぐ売り切れます」と大谷シェフ。

 発送は2016年4月から。この店の常連客が、産直おすず村のある川南町へ地域おこし協力隊として赴任したことで縁が生まれました。SNSで送られるリストと写真を見て、必要なものだけを注文します。価格は都内に比べ格段に安いとはいえ、送料はかかります。4年近くも続くのはなぜでしょう。

 大谷シェフは「モノと鮮度がとても良いからです。どれも野菜はみずみずしくて、おいしい。今回のキンカンなど、特に果物は抜群。送料がかかっても、この品質だと安く感じます」と言っています。

 細く長く、この縁を大事にしていきたいものです。


写真左=完熟きんかんと生ハムのサラダを手に大谷シェフ

写真中=安納芋のタルト

写真右=柑橘「しらぬい」とトレヴィスのサラダ

尾鈴農業協同組合

〒889-1301
宮崎県児湯郡川南町大字川南13658-1
TEL:0983-27-1121
FAX:0983-27-4503

 

携帯・スマホはコチラ