JA尾鈴は、消費者と生産者をつなぐ「架け橋」を目指し、活動しています。

news

第44回 令和元年度 茶部会総会

2020年02月25日

 茶部会は2月21日、本所で総会を開き、部会員はじめ行政、JA担当者ら約30人が出席しました。

 令和元年度の出荷数量は229㌧(前年比94.0%)、売上金額は1億4797万円(同80.1%)でした。

 元年度産は、一番茶の萌芽は例年よりやや早かったのですが、4月2日の降霜による低温障害で生育が抑制されたこと、加えて「みる芽」摘みによる高品質誘導を図った結果、反当たり収量が減少しました。

 梅雨入り後の6月上中旬に雨が少なく、二番茶は市況において非常に厳しい相場となり、わずかな品質差で価格が大きく開きました。

 三番茶は、上物はリーフ原料として需要が確保されましたが、ドリンクを中心とした下物については低調ながら底堅く安定して推移しました。秋冬番茶は前年よりも厳しい相場に。大手ドリンクメーカーの仕入れが鈍く、平均単価で前年の100円安で底値安定の様相となりました。

 2期5年の任期を務めた永友寛嗣部会長(63)は「非常に厳しい年となった。全国的にも栽培面積が減りつつある中、コストの削減・品質の追求など、今の社会ニーズに合った茶生産を皆で頑張っていこう」と呼びかけました。

 総会では元年度事業報告・収支決算、令和2年度事業計画・収支予算などを承認。2年に1度の役員改選も行われ、部会長に伊賀貞晴さん(42)、副部会長に山崎泰嗣(50)さんが新たに選ばれています。

尾鈴農業協同組合

〒889-1301
宮崎県児湯郡川南町大字川南13658-1
TEL:0983-27-1121
FAX:0983-27-4503

 

携帯・スマホはコチラ