JA尾鈴は、消費者と生産者をつなぐ「架け橋」を目指し、活動しています。

news

尾鈴温室オレンジ 「すずっこ」 出荷始まる

2019年12月25日

 温室みかん研究会は12月7日、年末年始の贈答用として人気の高い尾鈴特産のかんきつ「すずっこ」(品種:天草)の出荷を始めました。

 川南町旭ヶ丘地区の10㌃のハウスで、もう20年栽培している渡辺芳朗さん(51)は、この日、300㎏を初出荷。「今年は雨や曇天が多く、玉はやや小ぶりだが、糖度が乗り甘くジューシーに仕上がった」と自信を見せます。12月中旬まで出荷は続き、2.5~3tを見込んでいます。

 温州ミカンと清見を主に交配した「天草」は、濃いオレンジ色で皮が薄く、甘くて果汁がとても多いのが特徴。収穫したうち、大きさ・色・形・糖度の基準をすべてクリアした上質のものだけが、尾鈴の「鈴」から名付けた独自ブランド、尾鈴温室オレンジ「すずっこ」として出荷されます。

 例年、小売価格の目安は、8~12個(2.5㎏)入った化粧箱が3500円~です。

尾鈴農業協同組合

〒889-1301
宮崎県児湯郡川南町大字川南13658-1
TEL:0983-27-1121
FAX:0983-27-4503

 

携帯・スマホはコチラ