JA尾鈴は、消費者と生産者をつなぐ「架け橋」を目指し、活動しています。

news

花き部会スイートピー専門部 現地検討会

2019年11月08日

 花き部会スイートピー専門部は5日、管内の圃場3か所を巡回し、現地検討会を開きました。部会員16人が参加しています。門田守生部会長は「出荷の始まる前、ちょうど花をつけるかどうかという大事な時期の検討会だ」と話します。

 生育状態を視察し指導するのは、JA宮崎経済連営農振興課・黒木潤一技術主管。「いつから花をつけるかは、樹の強さや大きさを見ながら、また品種に応じて決めること。草勢の強いものは早めに花を咲かせ、逆に弱いものは遅めにして樹を調整するとよい」と部会員らにアドバイスしました。

 気温も大いに影響します。スイートピーには気温が高いと花がつきにくいという難点があるため、つけ時期をしっかり見極めて採花を始める必要があるといいます。

 「有機質の液肥をかけるタイミングは?」という部会員の質問には、「冬場の温度が低い時には少し濃いめを少量、暖かくなれば薄いものをたくさんかけるのが基本」と説明しました。

 スイートピーの出荷は11月中旬から始まります。

尾鈴農業協同組合

〒889-1301
宮崎県児湯郡川南町大字川南13658-1
TEL:0983-27-1121
FAX:0983-27-4503

 

携帯・スマホはコチラ