JA尾鈴は、消費者と生産者をつなぐ「架け橋」を目指し、活動しています。

news

あくまき・ぼたもち作り ~ 女性部 農産加工部会

2019年06月25日

女性部農産加工部会は5月14日、5080代の部会員28人が調理室に集まり、郷土菓子の「あくまき」「ぼたもち」などを作りました。


部会長の中村真理子さんは「あくまきも、ぼたもちも、最近、自宅で作る人は少なくなりました。上手な人に教わりながら作ることで、次の世代へと伝えることができます」と話します。

 もろぶたに流した大きなぼたもちを、どうやって切り分けるのか、みなさん興味津々。手際よく作業を進める吉川敏子さんの手元をみつめます。


 85歳の部会員は「昔の家庭では、季節の行事ごとにこんな料理やお菓子を作ったのよ、っていうのを知ってほしくて。でも本当は、みんなでワイワイおしゃべりしながら作るのが楽しいの」と、部会の魅力を語っていました。


 この日は、通浜に住む部会員が持参したごんぐり(マグロの胃袋)を使ったかき揚げと、エーコープ「五倍酢」を使って、おからとツナのサラダも作りました。

尾鈴農業協同組合

〒889-1301
宮崎県児湯郡川南町大字川南13658-1
TEL:0983-27-1121
FAX:0983-27-4503

 

携帯・スマホはコチラ