JA尾鈴は、消費者と生産者をつなぐ「架け橋」を目指し、活動しています。

news

新入職員 現場研修

2019年05月22日

 JA尾鈴は4月2日、1日に入組した新採用職員6人の現場研修を総合選果場で行いました。

3日間ある新入職員研修会のうち、毎年、2日目に組み込まれており、生産者から消費者へ、農産物がどのように届けられるのかを知るのが目的です。また、選果場の従業員らとも交流できます。

今年の作業内容は、これから収穫の最盛期を迎えるミニトマトのパック詰め。「体験」ではなく、午後の4時間みっちり働きました。

研修を終えた新入職員は「農業高校で実習をしたことがあるが、同じトマトのパック詰めでも作業スピードが全然違う。仕事の大変さを改めて感じました」。

パック詰めマシンのライン作業に加わった職員も「見た目以上に重労働で大変でした。高齢の方が多く働いていて驚きました。自分たちが日頃食べている野菜がどうやって食卓に並ぶのかを知るのは大切だと思います」。

それぞれに研修の意義を感じ取っていました。

尾鈴農業協同組合

〒889-1301
宮崎県児湯郡川南町大字川南13658-1
TEL:0983-27-1121
FAX:0983-27-4503

 

携帯・スマホはコチラ