JA尾鈴は、消費者と生産者をつなぐ「架け橋」を目指し、活動しています。

news

トレーニングハウス開講式

2018年08月28日

川南町での新規就農を後押しする「川南町トレーニングハウス農業研修開講式」が6月20日、JA尾鈴中央事業所で開かれ、JA、行政、関係者ら約50人が出席しました。
同研修は、町外から川南町に移住し、研修終了後は川南町内に就農、定住してもらうことで、新たな力を呼び込み園芸生産基盤の強化に繋げたい考えです。
本年度は、研修生4組5人が、7月から最長2年間「さららピーマン」を研修作物として学びます。
「さららピーマン」は、農林水産省の特別栽培農産物の認定を受けている品目で、契約販売により価格が安定しており、消費者からの評価も高く、今後の需要拡大も見込めるといいます。
町内に新設された、トレーニングハウス3棟(30a)を活用し、研修生は座学研修(年間64時間)、実践研修(年間約300日)を通じて農業に必要な知識を学びます。
農業生産法人アグリトピアおすずとJA尾鈴ピーマン部会員が中心となって栽培指導にあたります。
来年度以降も研修生を受け入れる考えで、今後は他の農産物も検討中です。

尾鈴農業協同組合

〒889-1301
宮崎県児湯郡川南町大字川南13658-1
TEL:0983-27-1121
FAX:0983-27-4503

 

携帯・スマホはコチラ