JA尾鈴は、消費者と生産者をつなぐ「架け橋」を目指し、活動しています。

news

デラウェア出荷

2018年07月25日

JA尾鈴ぶどう部会デラウェア専門部は6月4日から「デラウェア」の出荷を始めました。
今年は、冬の気温が低く、樹が十分に休眠をし、天候にも恵まれた為、樹勢がよく出荷時期が例年よりも10日程早くなったと生産者らは話します。
川南町大猪久保地区で11aの面積で「デラウェア」の栽培を行う河野徹さん(56)は4日に約60ケースを出荷しました。
尾鈴産の「デラウェア」は高糖度で、種がないため食べやすく子供にも人気があります。
デラウェア専門部では、14人が3.9haで栽培し、6月中旬に最盛期を迎え、8月上旬までの出荷を予定しており、数量約35tを見込んでいます。

尾鈴農業協同組合

〒889-1301
宮崎県児湯郡川南町大字川南13658-1
TEL:0983-27-1121
FAX:0983-27-4503

 

携帯・スマホはコチラ