JA尾鈴は、消費者と生産者をつなぐ「架け橋」を目指し、活動しています。

news

尾鈴農業公社総会

2018年05月25日

尾鈴農業公社は、3月27日に尾鈴地域農業活性化センターで総会を開きました。役員を務める日髙昭彦川南町長や河野正和都農町長、JA尾鈴の河野康弘組合長などが参加し、平成30年度事業計画(案)等を承認しました。
農地利用集積円滑化事業で農地の流動化と集積を推進し、農用地の有効活用とコスト削減を図るなど5事業に取り組むことを決めました。
平成30年度事業計画では、農地利用集積円滑化事業の他、農作業受委託事業(農業従事者の高齢化や担い手不足等による労働力を補い、機械投資抑制等の農家支援)、ケイカル等散布事業(水稲栽培における土壌改良剤として、田植え前にケイカル、ケイテツの散布事業を受託者部会員に委託)、無人ヘリ事業(水稲の品質向上と農家負担軽減を目的)、農家の経営所得向上支援に関する事業(尾鈴地域管内の農地を対象とした、米生産や地域の特性を生かした多様な作物生産振興を図る)に取組んでいきます。

尾鈴農業協同組合

〒889-1301
宮崎県児湯郡川南町大字川南13658-1
TEL:0983-27-1121
FAX:0983-27-4503

 

携帯・スマホはコチラ