JA尾鈴は、消費者と生産者をつなぐ「架け橋」を目指し、活動しています。

news

マンゴー研究会総会

2018年01月04日

マンゴー研究会は11月29日、JA尾鈴本所でH29年度総会を開き、9人が出席しました。
三輪國雄会長は「出荷量が予想していたより少なかった。H30年度は、
出荷量を増やしていけるよう頑張っていきましょう」とあいさつしました。
総会では、H29年度販売実績報告及び事業報告・収支決算、H30年度事業計画・収支予算の承認がされました。
H29年度産は、数量約3,679㎏前年対比121%。売上金額8,167万前年対比110%と昨年を上回りました。
協議で会員は、マンゴーの糖度を計る糖度計について「それぞれの糖度計で数値が変わったりする」など、糖度計での検査をより正確なものにする為、
定期的なメンテナンスをどのようにしていくのか、出荷の際の糖度均一化に
ついて検討し、意見を交わしました