JA尾鈴は、消費者と生産者をつなぐ「架け橋」を目指し、活動しています。

news

適切な摘果作業で 安定出荷へ

2017年09月28日

JA尾鈴きんかん研究会は、都農町内の圃場で9月12日、栽培講習会を開き、部会員らが出席しました

講習会で、栽培の基礎、知識や技術を習得し、生産性向上を図り、安定的出荷に繋げていくのが狙いです

児湯農業改良普及センターの内田秀一郎さんを講師に、きんかんの適切な管理方法や病害虫防除、摘果作業について学びました

その後、摘果作業について実際にどういった物を摘果したらいいのか実演しながら部会員らと一緒に確認しました