JA尾鈴は、消費者と生産者をつなぐ「架け橋」を目指し、活動しています。

news

デラウェア初出荷 目揃え会

2017年07月04日

JA尾鈴ぶどう部会デラウェア専門部は6月11日「デラウェア」の初出荷、
目揃え会を中央選果場にて行いました。
春先の花の咲く段階で気温が低かった為、昨年に比べると5日ほど遅れています。
目揃え会では、出荷基準、出荷規格等を部会員で再確認を行いました。
同専門部は、14人が4.4haで栽培を行い、8月上旬までの出荷を予定し
約38トンの出荷数量を見込んでいます。
尾鈴地域で育まれた「デラウェア」は高糖度で種がないため子供にも大人にも人気です。
尾鈴ぶどう部会では今後7月より「サニールージュ」「ハニービーナス」
「キャンベル」の出荷を予定しています