JA尾鈴は、消費者と生産者をつなぐ「架け橋」を目指し、活動しています。

news

研修を通して農業の大変さ知る

2017年07月03日

JA尾鈴は職員研修の一環として、農作業の体験を通し、農業に対する理解、
組合員とのコミュニケーションを図ることを目的として入組3年目と10年目の
職員を対象に農業体験研修を毎年実施しています。
今年度は、JA尾鈴管内の農家13戸を研修先に13人が参加する予定です。
5月29日~6月2日の5日間、職員1人が農家研修を行いました。
受入れをした川南町の施設園芸農家、網代宗章さん宅では融資課の
山下瑞姫さんがピーマンの出荷作業などを体験しました。