JA尾鈴は、消費者と生産者をつなぐ「架け橋」を目指し、活動しています。

news

デラウェア品質・食味ともに良好

2016年06月29日

JA尾鈴ぶどう部会デラウェア専門部は6月5日、「デラウェア」の出荷を始めました。昨年に比べ5日ほど遅いが、部会では敵粒など独自の肥培管理を行ってきたため、品質・食味ともに良好です

翌日の朝には、宮崎市の宮崎中央卸売市場で初セリが行われました。1パック(250㌘)350円~400円の値を付け、前年並みの取引となりました。今年の出来についてJAの担当者は「去年に比べ房も大きく収量も期待できる」と自信を見せた上で「梅雨の裂果が心配だ」と心境を話します。

同専門部は、15人が4.6㌶で栽培を行い、7月下旬までに出荷量46トンを見込んでいます

米国原産の自然交雑種。日照時間が多い尾鈴地域で育まれた「デラウェア」は高糖度で、種がないため子どもにも大人にも人気です。

尾鈴農業協同組合

〒889-1301
宮崎県児湯郡川南町大字川南13658-1
TEL:0983-27-1121
FAX:0983-27-4503

 

携帯・スマホはコチラ